ドラクエタクトアカウント高価買い取り

ドラクエタクトアカウント買取サイトの4つのポイント

簡単!!

査定は簡単、LINE@に登録してスクリーンショットを送るだけ!あなたのアカウントの値段がわかります。

無料!!

査定は無料です。売却をしない場合でも費用は一切かかりません。 あなたのドラクエタクトアカウントの価格をお気軽に査定にお申し込みください。

安心!!

安心の取引実績がございます。身分証明書をご提示していただいた後、
お振込みさせて頂きます。

スピード!!

LINE@に登録し、無料査定申し込み後、
早ければ10分、遅くても24時間以内に査定結果を差し上げます。


アカウント買取り条件

  1. 限定Sランク完凸モンスター5種以上
  2. ※20歳以上の方のみ買取をしております。

 

査定に必要なもの

  1. キャラ一覧の画像

 

買取実績

     

    ドラゴンクエストタクトとは

    「ドラゴンクエストタクト(以下DQタクト)」とは、スクウェア・エニックス社、Aiming社より2020年7月16日から配信されたスマートフォンゲームとなっています。リリースして10日頃で500万ダウンロードを記録した人気タイトルです。

    <ゲームジャンル>
    スクウェア・エニックス社の大人気ゲーム「ドラゴンクエスト(以下DQ)」シリーズ初のシミュレーションRPGがDQタクトです。マス目状になったフィールドで、プレイヤーがDQに登場するモンスターを指揮し、敵モンスターを倒していくゲームシステムとなっています。モンスターは様々な「とくぎ」・「特性」・「耐性」を兼ね備えており、出現する敵モンスターに合わせて、有効的な「とくぎ」や「特性」をもつモンスターを編成して敵モンスターの弱点を攻めたり、「耐性」のあるモンスターを出現させてゲームオーバーにならないように耐えたりするなど、プレイヤーが考える戦略が攻略のカギとなるジャンルです。

    <制作会社の特徴や運営の実績、歴史>
    DQタクトは配信元スクウェア・エニックス社、開発元Aiming社の共同作品です。開発元のAiming社は2011年に設立され、「剣と魔法のログレス いにしえの女神」や「ロードオブナイツ」などを、多くのRPGタイトルをリリースしています。「剣と魔法のログレス いにしえの女神」は2015年のAppStore年間売上ランキング5位につけており、他リリースタイトルも上位にランクインしたことのある実績があります。

    <レビューや評価>
    10月31日現在AppStoreでは☆4.6、Google Playでは☆3.2の評価をDQタクトは受けています。 DQの世界観が忠実に再現されているが、今までとは違うモンスターを配置し、戦略を立ててバトルを進めていくシミュレーションRPGというゲーム性で楽しいことや自動周回のシステムが実装されているので所持キャラクターを育成しやすいなどの高評価のレビューがありました。その一方、ピックアップガチャと謳っているのに高レアモンスターの排出率が低いことや一定のガチャを回すことで必ずピックアップの高レアモンスターが獲得できるという天井機能がDQタクトでは実装されていないため、課金を促すように運営が仕向けているという低評価のレビューも多くありました。

    <ゲームの最近の動き>
    直近のDQタクトでは、9月にテレビCMを放送しており、放送記念で最高レアSランクのモンスターが獲得できるS確定チケットが2枚配布されるログインボーナスやDQ作品で社会現象になった人気タイトル「ドラゴンクエスト3」に登場したモンスターがボスとなったステージや登場するモンスターをガチャで獲得できるイベント、ハロウィンにちなんだ新モンスターやお菓子を集めて、限定アイテムと交換できるハロウィンイベントが実施されています。 11月上旬には「ドラゴンクエスト4」モチーフのイベントが実施される予定で、その作品に登場したモンスターが登場するステージやモンスターを仲間にできるガチャだけでなく、ドラゴンクエスト4に出てくるキャラ「アリーナ」「クリフト」「ライアン」が仲間にできるようになります。モンスターだけでなく、人間キャラも戦闘に参加できるようになるので、今までとは違う楽しさを感じるようになるでしょう。

    <引退者の理由>
    リリースされて半年満たないですが、サービス開始から実施されたピックアップガチャの内容でDQタクトを引退する人が多くいました。当時のピックアップガチャでは、DQシリーズでとても人気なモンスターが高レアモンスターとして複数体用意されていました。しかし1つのガチャにまとめられず、別ガチャで実装されたことや人気モンスターの排出率が低いためガチャの回数が多くないと獲得しづらい内容でした。このことから、多くの課金を促されていると不快に感じたとレビューなどから理由が確認できます。 また、DQタクトはシミュレーションRPGなので、1回の戦闘時間がとても長くかかってしまいます。オート機能や倍速機能は実装されているものの、他スマホRPGタイトルに比べるとDQタクトはテンポが悪く長時間要するため、ストレスを感じる人も多かったです。さらに戦闘スピードを速くすることもできるのですが、課金が必要となりますので、余計不快に感じる人も少なくありませんでした。

    <炎上事件>
    DQタクトでは、炎上事件は大きく2つありました。 1つ目は、Sランクモンスター「りゅうおう」のとくぎについて、バナーに記載された効果に比べ、実際の効果が低いので、これは優良誤認ではないかと炎上しました。運営会社はユーザーの意見や状況を鑑みて対象モンスターの調整や有料アイテムの配布を実施しております。 2つ目は、最大HP1000いかない仲間モンスターが多い中、ボスモンスター「アークデーモン」が5ターン目に「絶イオナズン」という魔法攻撃で9999というダメージを与えて、コンティニューして復活しても再度「絶イオナズン」の攻撃をするので、とても強すぎると炎上しました。こちらは不具合だったとのことで再度「絶イオナズン」をしないよう修正とユーザーに有料アイテムの無料配布を実施し、解決に至っております。

    ページトップに戻る