荒野行動アカウント高価買い取り

荒野行動アカウント買取サイトの4つのポイント

簡単!!

査定は簡単、LINE@に登録してスクリーンショットを送るだけ!あなたのアカウントの値段がわかります。

無料!!

査定は無料です。売却をしない場合でも費用は一切かかりません。 あなたの荒野行動アカウントの価格をお気軽に査定にお申し込みください。

安心!!

安心の取引実績がございます。身分証明書をご提示していただいた後、
お振込みさせて頂きます。

スピード!!

LINE@に登録し、無料査定申し込み後、
早ければ10分、遅くても24時間以内に査定結果を差し上げます。


アカウント買取り条件

・金枠武器スキン5以上
・金枠セットスキン3以上
・金枠乗り物スキン1以上
※ワンオーナー完全非共有アカウントのみ買取しております。
※GBPC版は買取不可です。
※20歳以上の方のみ買取をしております。

 

査定に必要なもの

  • 金枠スキンの画像
  • 乗り物、衣装セット、武器の金枠スキンの画像(レア順)
  • アカウント連携状況画面画像

 

アカウント連携状況

 

買取実績

     

    荒野行動とは

    「荒野行動」とは、中国企業NetEaseが2017年11月にiOS・Androidでリリースしたタイトルで現在1億人以上のユーザーがプレイしています。2018年にはPC版、2019年にはNintendo Switch、PlayStation4版が配信されています。

    <ゲームジャンル>
    荒野行動は100人のプレイヤーが島に降り、建物内に落ちている武器やアイテムを使って最後の1人になるまで戦闘を繰り広げるバトルロワイヤルFPS/TPSゲームです。自分ひとりだけで戦うソロ戦だけでなく、デュオ・スクワッド・クインテットなど2~4人を1チームで戦うチーム戦があり様々なコンテンツが実装されています。

    <制作会社の特徴や運営の実績、歴史>
    荒野行動を運営している会社NetEaseは、荒野行動以外にも「陰陽師」「IdentityV 第五人格」「ライフアフター」など人気タイトルを運営しております。 NetEaseは1997年に創業され、検索ポータルサイトや無料電子メールの提供などのソフトウェア開発を開始していました。2000年からオンラインゲーム事業にも参入しました。自社開発およびライセンスを受けたタイトルは、荒野行動のようなFPS/TPSジャンルだけでなく、シミュレーションゲームやトレーディングカードゲーム、MMORPGなど100タイトル以上のゲーム開発・運営を行っています。 これらの多くの運営実績から、荒野行動の運営・イベントスケジュールを組み立て、多くのプレイヤーを楽しませているのだと思います。

    <レビューや評価>
    荒野行動は10月31日現在AppStoreでは☆3.9、Google Playでは☆3.4の評価を受けています。 高い評価をしている方の意見としては、バトルロワイヤルというゲーム性からいつ倒されるかわからない緊張感やスリルを味わえることや全員を倒した際の爽快感を感じるという意見が多かったこと、フレンドと一緒にボイスチャットをしながらゲームできるので1人では味わえない協力プレイでの楽しさやコミュニケーション戦略での攻略戦を味わうことができるという意見などが挙げられていました。他にも荒野行動リリース当時、PCでしかできなかったバトルロワイヤル系タイトルがスマートフォンでプレイできることでの嬉しさやクオリティの高さを評価した意見もありました。 低い評価をしている方の意見としては、FPS/TPSは一瞬のアクションによって生き残るかどうか変わってくるので操作性が大事となっていますがその操作性が悪く思い通りの動きができないことが多く挙げられていました。また不具合が多いためゲームにならないという意見や違法なチートプログラミングでキャラクターの動きを異常に速くしたり、ずっと空中にいる状態にしたりするなど優位な状態でプレイするユーザーが多く存在しており、迷惑行為が横行している意見なども挙がっています。

    <ゲームの最近の動き>
    荒野行動が2020年の11月にリリースしてから3周年になるので、そのイベントが2020年10月31日から実施されています。3周年には限定パックの販売やミッションをクリアすることでアイテムを貰えるイベントなど様々なコンテンツが用意されていますが、一番特徴のあるイベントは「遊園地建造計画」というアイテムを寄付するとスキンやアイテムなどを獲得するために必要な金券が貰えるイベントです。寄付するアイテムはその日によっては金券の換金率が上がったり、換金率が10分毎更新されるのでタイミングよくアイテムを寄付すれば多くの金券を獲得できたりするイベント内容となっています。他ゲームではあまり見られない荒野行動オリジナルのイベント仕様です。 また荒野行動は、「エヴァンゲリオン」や「進撃の巨人」など様々なアニメや漫画などとコラボレーションを行っています。最近は「ワンパンマン」コラボを実施していました。また年末あたりにでもコラボが実施されるのではないかと噂されています。

    <引退者の理由>
    荒野行動はリリースしてから3年以上経過していますので、引退している人も多く存在しています。 処理が追い付いていないのか思い通りの操作ができなくて離脱したことやバグが多くてストレスが溜まり、荒野行動に楽しめないから辞めましたという理由がレビューなどから多く挙げられていました。また上記でも記載したようにチートで楽しんでいるユーザーも多く存在しており、違法な形で楽しんでいるユーザーを放置しているので運営会社に不信感を感じるから辞めるという理由も少なくなかったです。

    <炎上事件>
    荒野行動での1番の炎上事件は、韓国のゲーム会社PUBG Corporationが著作戦侵害に荒野行動が抵触するとして訴訟を行ったことでサービスが終了するというデマが流れた事件です。荒野行動が先にサービスが開始されているPUBGに多くのユーザーが似ていると感じていたためサービス終了するのではという憶測が当時流れていたようです。 訴訟自体は実際に行われおり、PUBG Corporationの主張では、荒野行動のゲーム性や建物・衣類などが「PUBG」と酷似しているので配信及び開発の差し止めを要求しましたが、NetEaseは提訴に強く反論し、裁判などで明らかにしていくことやこれからもサービスを継続していくと主張しました。サービス終了するというデマに対しても、「すべての虚偽提訴およびデマに対して、あらゆる法的措置を講じる権利を有している」と発表し、荒野行動の印象を悪くするものには全面的に争う様子を見せました。その後NetEaseとPUBG Corporationは2019年に和解して訴訟を取り下げた結果になっています。

    ページトップに戻る