原神アカウント買い取り

原神アカウント買取サイトの4つのポイント

簡単!!

査定は簡単、LINE@に登録してスクリーンショットを送るだけ!あなたのアカウントの値段がわかります。

無料!!

査定は無料です。売却をしない場合でも費用は一切かかりません。 あなたの原神アカウントの価格をお気軽に査定にお申し込みください。

安心!!

安心の取引実績がございます。身分証明書をご提示していただいた後、
お振込みさせて頂きます。

スピード!!

LINE@に登録し、無料査定申し込み後、
早ければ10分、遅くても24時間以内に査定結果を差し上げます。


アカウント買取り条件

  1. 星5キャラ5種以上(主人公含まず)
  2. 星5武器1個以上
  3. Asiaサーバー
  4. ※PS4版は取り扱っておりません。
  5. ※20歳以上の方のみ買取をしております。

 

査定に必要なもの

  1. キャラ一覧の画像
  2. 武器一覧の画像

 

買取実績

     

    原神とは

    「原神」とは、中国のゲーム会社miHoYoが2020年9月28日リリースしたタイトルです。 本ゲームはスマートフォン(iOS/Android)だけでなく、PCやPlayStation4でプレイ可能、Nintendo Switchでも利用予定となるマルチプラットフォームを展開しております。

    <ゲームジャンル>
    原神は、高画質な3Dグラフィックとシームレスで自由な行動が可能となるオープンワールドを掛け合わせたアクションバトルRPGとなっています。プレイヤー1人で広大なオープンワールドを遊ぶことができます。また原神は様々なプラットフォームで展開されているので、異なるプラットフォーム上のユーザーともマルチプレイができ、フレンドと一緒に冒険を進めることができます。

    <制作会社の特徴や運営の実績、歴史>
    原神の開発運用を手掛けているmiHoYoは2011年頃に日本のオタク文化を取り入れたモバイルゲームを制作するために上海交通大学の学生によって立ち上げられました。 2015年に日本法人を立ち上げ、横スクロールの2Dアクションゲーム「崩壊学園」をリリース、2017年2月に続編の3Dアクションゲーム「崩壊3rd」をリリースしており、AppStoreやGooglePlayの売上ランキング10位以内にランクインした実績があります。 「崩壊3rd」は公式テレビアニメが2020年に放送されたこともあり、メディアミックスの実績もあるため、これらの実績から原神も様々なエンターテイメントコンテンツで展開すると思われます。

    <レビューや評価>
    原神は、10月31日現在AppStore ☆4.1、Google Play ☆4.5の評価を受けています。 評価の高いレビューでは、無料のスマホゲームではなかなかない、グラフィックのクオリティの高さと広大なステージを自由に動き回って遊べるオープンワールド、キャラクター設定が作りこまれていて、他タイトルより没入することができるストーリー性を評価している内容が多かったです。 またバトルシステムが、他のゲームでは見ない「元素反応システム」を実装しており、出す技の元素によって効果が変わってくるのがとても面白く戦略性もできて楽しめるという意見もありました。 評価の低いレビューは、ゲーム途中でアプリが強制終了することや処理が追い付いていないのか動きが遅くなること、スマホの電池消費が激しく端末自体が熱くなり触れなくなるといった現象の内容が多かったです。日本語が所々おかしくて、何を伝えているのかわかりづらいことも挙げられていました。

    <ゲームの最近の動き>
    リリースされて間もないため、現在公式Twitterをフォローし該当ツイートをリツイートすることでその場で抽選し、プレゼントが当たるというリリース記念キャンペーンが実施されていました。 また、一部の対象キャラを選択し、お試しでクエストをプレイできるお試しイベントも実施中です。 今後11月上旬にバージョンアップが入り、新しいキャラが4体の実装と期間イベントが実施予定となっております。さらに6週間毎にバージョンアップすることを約束しており、12月23日、2020年2月のバージョンアップ実施を確約しております。

    <引退者の理由>
    本ゲームはとてもクオリティが高いグラフィックになっているせいか、遊んでいるときにアプリが落ちてしまったり、処理が追い付いておらず、動きが遅いため操作しづらかったり、スマホ自体が熱くなって触れなくなってしまう現象を体験したため、原神を辞めるという声が多かったです。自分の思い通りに操作したいのに上手くいかないことでのストレスが多かったのかもしれません。他にはランクの高いガチャの排出確率が他ゲーム(約5%)に比べ、0.6%と非常に低く、課金を促していると不信感を感じるため、辞めたというユーザーも少なくなかったです。

    <炎上事件>
    原神の炎上事件といえば、海外のゲーム情報サイトにて、ゲーム終了後、もしくはゲームをアンインストール後に自動でプログラムが走っている事実について、個人情報を盗むスパイウェアではないかと注意喚起が行われたことが挙げられます。 運営会社miHoYoは、スパイウェアではなく、アンチチートプログラムであり、他の起動しているプログラムの状態などを読み取り、不正な外部ツールを検出し、読み取った情報はチート(ゲーム上の不正)に関するものを除き、保存やアップロードなどを一切行っていないこと、アンチチートプログラムをゲーム終了後も動作する仕様にした理由については、不正な外部ツールの利用者が、ゲームを起動していない間に不正なプログラムを導入することを防ぐ目的だったと説明しています。 そして、アンチチートプログラムが個人情報の安全に関する誤解を招いたとしてユーザーに謝罪しています。 しかし、スパイウェア騒動後に、iOS版でクリップボードの情報を取得している疑惑が浮かび上がり再炎上しました。正式版では削除予定だったのが出てしまったということで現在はAppStoreに削除申請を提出中とのことです。 現在、他中国製タイトルでもスパイウェアが仕込まれているというニュースは多くあるため、不信感を感じる人は少なくないと思われます。今後も原神ではスパイウェア疑惑が取り出されるのかもしれません。

    ページトップに戻る